2011年12月04日

ピースメーカーズの班会

ご無沙汰でした。9pqです。

先日、班会を行いました。

ついこないだ加盟してくれたAちゃんを含め3人が参加。
民青紹介DVDを見て、感想交流などしました。
DVDに出てくる「科学的社会主義」について質問が出て、皆で設明していると、
唯物史観の話になりました。原始共産制が…とか言ってると、Aちゃんが、
「それ今日授業でやったexclamation」と。
なんというタイミングひらめき皆で驚きながら話が一気に盛り上がりました。

久々に新鮮な疑問も聞き、それに答える中であらためてものの見方・考え方の学べる民青って
すごいところやなあと思ったりしました。
Aちゃんも学ぶことに意欲が高いので、科学的社会主義についても班で学んでいきたいなあと思います。

その後、あまり時間もなかったので、3分間スピーチをして終わったのですが、
選挙の話も出てきて、「普通に選挙の話が出るってすごい。普段ではこんな話はまったく出ない。」とAちゃん。何でも話せる民青の魅力を感じてもらえたようでうれしかったです。

次回は、「願い聞かせてアンケート」を使って、それぞれのやりたいことを出し合い、班プランを作ろうと言ってます。また報告しますね手(チョキ)


posted by ツッキ− at 20:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

我らピースメーカーズ

9pqです。
昨日、ピースメーカーズ班(学生班)の班会が久々にありました。
行事等でなかなか集まれていなかったので、久々です。
学生9条の会としては、学内行事の中で、NPTに参加した学生の報告会や展示などができました。

班会には2人だけの参加でしたが、交流メインに。
「話したいことがいっぱいある。」とTくん。
キャンプリーダーのボランティアに行ったことや、大学の委員会で頑張ってたこと、学祭で頑張ったことを話してくれました。
Oくんも、学祭で先輩の発表を見てすごいと思ったこと、自分たちは思うようにできなかったけど来年はできるのかなあ〜と少し不安も。
Tくん「僕たちも去年はそうやったで。来年はできるようにがんばってな。」

いっぱい話して、さあ学習と思った頃には終わりの時間が近づいていました。あせあせ(飛び散る汗)

先週号の民新が、沖縄の基地問題が一面記事になっていたので、
今度、地区として基地問題をテーマに学習&宣伝活動が決まっていると報告。
実習中でどちらも参加は無理ですが、班としても基地問題で学習していけたらいいね、と呼びかけると、
「卒論テーマを「戦争」にしている友人がいる。何か学習会などあったら誘うことはできる。参考になると思うし。」
と言うので、ぜひ班としてやろう!となりました。本

実習が始まるので、しばらく班会もお休みですが、卒業までにできるだけたくさん班会を開きたいし、友達も9条の会や民青に誘ってみよう、ということを話し合い、終了しました。わーい(嬉しい顔)
posted by ツッキ− at 14:10| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

病院班、沖縄平和ツアー@

1/9〜1/11病院班で沖縄平和ツアーに行ってきました。
事前に沖縄について学習を重ねて資料集を作り、しおりも作って行きました。
事前学習は、沖縄概論、米軍基地、辺野古、戦跡めぐり経験者の報告、ひめゆりについてを班会で各自が持ち回りで行いました。

沖縄では、ペンションのオーナーが歌や芝居をまじえながらわかりやすく沖縄戦や辺野古について説明してくれ、翌日行く場所への思いが深まりました。

戦跡めぐり当日にはいろんな場所を案内してもらいました。

チビチリガマ
読谷村(米軍飛行場跡、役場)
辺野古
アブチラガマ(糸数壕)

最終日、班で行きたいと言っていた場所にも行きました。

普天間基地(嘉数高台から臨む)
ひめゆり平和祈念資料館
沖縄県平和祈念資料館


一つ一つ伝えたいことはあるのですが、膨大な量になるので少しずつ載せていこうかなと思います。

今日は全体を通して思ったことを少し載せます。

去年、個人的に沖縄に行って戦跡を案内してもらったときにも思ったことですが。
自分たちの中ではどうしても「戦跡」としか考えられないけれど、遺族や戦争を経験した方たちにとってはずっと続いている「今」なんだということを今回も改めて感じました。
私はその場に立っても、写真や映像をみても、現実のこととは考えることができないという面があります。
「本当にこれは現実に起こったことなのか?
この沖縄で?想像できない。
本当に今は平和なんだ、と思わざるを得ない。」

でも、今も戦争の傷跡で苦しんでいる人はいるし、不発弾もいまだに発見されています。
世界中で考えると今まさに戦争が起こっているところもあります。

戦争は勝手になくなるものではない
意識してなくしていくものなのだと思います。

私にできること
それは戦争について知ること、知ったことを伝えること
その輪を広げること


沖縄体験、こまめにアップしていきますね。

ひよっこナース

posted by ツッキ− at 09:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

M地域班、班会しました

11月14日(土)M地域班で班会しました!

久しぶりにSくんが参加してくれました!

サッカーが好きなものが集まったため、その話題で盛り上がる一方、サッカーにまつわるカネの動きや企業の影響力などが話されました。
サッカーについて全く知識がない私は、そんな見方もできるんだなーと感心しながら聞いていました。

また、Sくんが最近悩んでいたことなども話してくれ、自分たちにはその悩みを本当の意味で理解することは難しいけれど、理解しようとすることはできるかなーと思いました。
話してくれて、とても嬉しかったです。


班会がお開きになったあと、他の班員と二人で語り合いました。
その班員はあまり自分のことを話すタイプではなかったので、またまたすごく嬉しくなりました。

昔から自分の話を聞いてほしいと思ってきた私ですが、民青の活動をしたり、看護の勉強をしてから相手の話を聞くということの大切さを知り、仲間の話を聞けるようになってきています。

相手が話してくれるということはすごく嬉しいことですよね。



私は、民青の仲間には気兼ねなく自分の気持ちを伝えることができ、本当の自分を出すことができています。
それは自分の弱い部分を見せているということにもなるし、甘えているということにもなるのですが、それによって職場では出すことができていない自分のモヤモヤ感を吐き出し、うまくバランスをとることができているのだと思います。

それを許しあえる関係でありたいし、みんなにも感じてほしいです。


みんなの中での本当の「居場所」ができることで、絆が深まり、要求実現のために一致団結してがんばろうという思いが強くなるのではと思います。
最近の青年には心を許すことができる拠り所が少なすぎます。
民青がそんな拠り所の一つになるように、また活動を頑張りたいなと思う今日この頃です。


ひよっこナース
posted by ツッキ− at 15:02| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

M病院班、班会しました!

10/28(水)M病院班にて班会をしました!
参加者は5人。
1時間ほど3スピをして、沖縄戦の戦跡についての学習をしました。

まず3スピ。

M病院が加盟している民医連では、先日ジャンボリーという企画があり、それに参加した班員から少し報告がありました。

以下、報告内容(間違っている箇所がありましたら指摘してください)

開催地である福岡市では、市立こども病院の老朽化に際して、市民の署名活動や訴えを無視して第3セクターへの新病院移転が決定しており、その病院の職員や患者さんの訴えのお話がありました。

移転予定地に行くには橋を渡るけれど、そこに電車は通っていなくて自家用車やタクシーなどの乗り物で行かなければならず、もし渋滞したときに急患があったらどうするのか。

また、今の若い人たちは、自分たちの切実な訴えを聞いてもあまり反応してくれない、という不満の訴えもありました。
それがすごく心に残っていて、その後の班討論でも「自分たちが何かしていきたい」という意見が出ました。

報告終わり


以上の報告を聞いて、確かにそうだなと思ってしまう部分があります。
今日の班会でも、日々の忙しさを理由に活動ができていない・・・という意見が出ました。

でもすぐに何かはできなくても、一人ひとりの心の中にひっかかったものがあったと思います。

恥ずかしながら全く知らなかったことなので、これからまた学びたいテーマです。


私たちは今、自分たち自身がしんどい状況の中で、世の中を少しでもよくしたい・かえたいという思いで活動をしています。
活動ができないぐらいにしんどい青年もたくさんいます。

一人ひとりの力はちっぽけでも、隣の人と手を取り合い、労働者自身が自覚を持って社会を変えようとする。
これこそが、階級闘争の第一歩であり社会を変える第一歩なんだと思います。

社会はかわるし、かえられる!
この間、民青で言われてきたこの言葉を合言葉に、学習に・活動に励みましょう!


長くなったので、沖縄戦についての学習はまたの機会にアップします。


ひよっこナース
posted by ツッキ− at 23:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

M地域班、班会しました

10/23(金)班会しました!

毎回恒例の3スピ(各自近況などを一人3分間で報告するが、だいたい10分以上話している)をして、そこからみんしん(民青新聞)を読む・・・はずが、まさかの恋ばな大盛り上がり!!

恋愛で悩んでいる班員がいて、自分だったらこうかな〜という感じで思い思いに語り合いました。


あとは、ブログ会議に参加した班員から報告を聞いて、改めてブログという媒体を使っての活動の重要性について話しました。

一つの角度からのアプローチではなく、いくつものアプローチ方法がある方が、少しでも多くの人に民青のことを知ってもらいやすいだろうし、それによって今の社会のおかしさを考える人が増えてくれればいいなと思いました。

「十人十色」

人によって得意なこと、不得意なことがあります。
助け合い、補い合うことで、自分たちの活動を作り上げていけたらいいなと思う今日この頃です。


次の班会は、10/30(金)です〜!


ひよっこナース
posted by ツッキ− at 00:03| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

訪問活動

以前は、民青の班会議に出てきていた班員が班会議に来れない状況が続きました。週一度の班会議の後に班員と共に二ヶ月ほど班員宅に通いましたが会えることはありませんでした。しかし、先日会うことが出来ました。仕事が休みで偶然家に居たのです。話によれば仕事が不定休で大変忙しいとの事・・・。仕事の終わる時間も決まっていないようです。

これからも班員への訪問を続け少しでも会い話を聞いていきたいです。
(プロレタリアアーティスト)
posted by ツッキ− at 12:11| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

裁判員制度学習会

先日、裁判員制度学習会を開催しました。
国民救援会から講師の方に来てもらい説明してもらいました。

今日は、簡単に学んだ事の一部を書きます。
@裁判員制度は国民世論の高まりでなく大企業などの要請で作られた。(分断を生むためと言われている)
A裁判員6人と職業裁判官3人の多数決で刑を決める際に多数側に職業裁判官が1人以上入っていないといけない。(民意が活かされない)
B裁判員が見れない証拠等がある。(民意を裁判に持ち込むなら全ての証拠を見せるべき)
C裁判は3〜5日で行われる。(短すぎる為に真実が分からない)
D守秘義務が課せられる。(裁判員制度の経験が周りに伝えられず開かれた制度とならない)
E裁判員辞退時に思想信条の表明を強要される可能性がある。
F公判前整理手続き以降の証拠が認められない可能性がある。(検察は大人数で捜査するが弁護側は少数で捜査する)
G冤罪の増加
等です。

この制度は本当に、このまま進めていいのか?と思いました。
あなたが裁判員になった時、この話を思い出してみて下さい。
(手抜きなプロレタリアアーティスト)
posted by ツッキ− at 20:19| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

裁判員制度

班で裁判員制度の学習会を開きます。
市民の裁判参加が謳われますが冤罪の増加なども問題視されています。
外部から講師の方を招いて学習します。どのような問題があり、どのような長所があるのか・・・


火曜日サボってすみませんでした。

(プロレタリアアーティスト)
posted by ツッキ− at 21:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

学費ゼロ大集会へ!いざまいらん

9PQです。
ピースメーカーず(学生)班では、12月14日(日)に京都で開催される「学費ゼロ大集会」に班員で参加しようと呼びかけています。
京都で結成された学費ゼロネットですが、大阪でも大阪大学の学生たちが立ち上げたそうです。学費下げて!は皆の願い。集会参加を機に、班でも学費の運動に連帯できたらと思います。

また、班では、「障害者自立支援法」や「税金の使われ方」について知りたいという声があります。大学の教員を講師に学習会を計画中〜。

学生9条の会も活動再開!学内でチャップリンの映画「独裁者」の上映会を計画中で〜す。それに先がけ、試写会を行い、私も参加してきました。笑いと皮肉にほのぼのしながらも、さりげなく描かれているナチス政権の恐ろしさにゾクゾクしてしまいました…。戦争がいかに国民の自由を奪い物が言えなくなるかや、軍隊という腐った人間の集団に支配されることの恐ろしさを久々に感じました…。

平和も学費も政治にも、よく学んで声をあげることができる民青同盟の仲間を増やすこともまた、話し合っていきたいと思っています!カラオケ

いい気分(温泉)京都府学連が主体となりつくっているゼロネットのブログをご覧ください〜バッド(下向き矢印)

学費ゼロネットブログ
posted by ツッキ− at 15:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

障害者施設で働く先輩の話を聞いたよ

9pqです。9
ピースメーカーズ班の企画「障害者施設で働く人の話を聞く会」をしました!就職先として障害者施設に興味のある学生二人が参加してくれました。話し手は、258班のF君で、二人にとっては大学の先輩でもあります!
「障害者施設では、5年単位の長いスパンで仲間(利用者)の成長を見ることができる。仲間が、ずっとできなかったことができるようになった瞬間は本当にうれしい。自分は援助をしたが、最終的に仲間自信が変わったことがすごいこと。家族にお礼を言われるのもうれしい瞬間。」など仕事のやりがいを存分に語ってくれました。
また、F君自身が非常勤職員ということもあり、給料や生活の大変さ、正規になりたい思いなども話してくれました。
もうすぐ実習という彼らに、「とにかくじっとせず動くことが大事、いろいろと話しかけてコミュニケーション取ってみよう」とアドバイスも。
就職先を決めるにあたっては、いろいろな施設にボランティアに行ってみること、とも言ってました。
また、障害者自立支援法の影響はすさまじいとも言っていました。

企画の後で、参加した学生は、「実習のアドバイスをもらえた。」「現場の話や職員の生活実態のことまで聞けてよかった」など満足気でした。
また、「障害者自立支援法についてきちんと学んだことがない。知りたい。」とやりたいことも出てきました!!
ぜひ学ぶ機会を設けたいと思っています。わーい(嬉しい顔)
posted by ツッキ− at 15:29| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

班の紹介(ちょこっと)

今日は、僕の担当じゃないんですが僕のミスで連絡がいっていなかったので僕が書きます。(言い訳はこの辺で)

活動の話を書きます。

最近、僕の所属するジグソーパズル班は結構上がり調子です。

やりたい事を出し合い

学びも結構やってます。

先日もやりたいこと出し合ったんですが

BBQ、釣り、キャンプ、ゲートボール、花火、派遣問題学習、スイカ割り等等出てきました。

今、取り組みに向けているのは派遣問題学習会です。

以前は意見をあまり出さなかった同盟員からの意見なんで頑張りたいと思います。

今後、自分を含め周りの班員の成長が楽しみです。

(プロレタリアアーティスト)

posted by ツッキ− at 23:08| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

志位質問

本日もプロレタリアアーティストがお送りします。初めて見た方はプロレタリアアーティストのブログと思うかもね。

今日は、何を書こうかと考えたら。前回に2月8日の志位さんの質問
を班会で聞いたので前半分感想を書いたので後半分を書きます。今回の班会で後半を聞いたので班員の感想を書きます。

「派遣と正規での分断がある」「派遣を禁止すべき」「企業だけの責任でなく政府にも大きな責任がある」「労働者の問題は基本的には階級闘争である。」「政治を変えないといけない」などの意見が出ました。

なお、この質問の後に「共産GJ(グッジョブ=よくやった)」「応援する!」。人間をモノのように使い捨てる派遣労働の問題を取り上げた志位委員長の質問(2月8日の衆院予算委員会)が大きな話題に。インターネット上の動画投稿サイト「ユーチューブ」などで視聴回数14万件を超えました。この質問を契機に、キヤノン、いすゞ自動車などが派遣を直接雇用に変えたり、期間工を正社員化する方針へ転換しました。

下記・志位質問
http://jp.youtube.com/watch?v=6I_NTfz3RNs&feature=PlayList&p=B09D61ABD4B47FC1&index=7

よく聞いていれば、「そうだ!」「いい質問だ!」という声が聞こえます。これは、与野党の国会議員の声です。では、このへんで・・・

(プロレタリアアーティスト)
posted by ツッキ− at 23:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

派遣元保護法

今日は班会議で二月八日の共産党志位委員長の国会での質問を聞きました。なんだ、今更と思われるかもしれませんがこの質問からは多くの事を学べます。労働者階級の底辺にある日雇い労働者にスポットを当てたものです。多くの問題や法律違反を例に挙げ非常に分かりやすいです。今回は、途中までしか聞けませんでしたが次回全て聞く予定です。

僕は世の中の底辺で人間扱いされず器械の歯車の一部それも磨り減ったら使い捨てにされるかのような日雇い派遣の労働条件の底上げこそが労働者階級全体の底上げになると考えています。日雇い派遣は無くすべきだと考えています。

次回は志位質問を全部聞いての感想を書きます。(プロレタリアアーティスト)
posted by ツッキ− at 23:50| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

班会終えて

携帯壊しました。
どうしようもないですね、壊すと。
目の前が真っ暗に…ならなかったけど、これからどーしよーとは思いました。
心の中でちょっとだけ開放感がやってきて、笑みがこばれてしまいました。
知事が進めていることも結果として、「笑顔のある大阪」にはなると考えてます。(やっていることがおかしすぎて)
ただ、携帯はどうしようかな。

むきめー
posted by ツッキ− at 19:02| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

民青のいいところ

班会に、海外に行っていた元班員の子がきてくれました。

この春民青を卒業したメンバーも集まって、久しぶりの顔ぶれでわいわいとした班会になりました。

近況報告をした後、4月28日・5月5日合併号の「学ぶ楽しさを実感してほしい 国立天文台助教 青木和光さん」の記事を読んで、考えを交流しました。
一人ひとりを大切にしながら、協力し合い、お互いを高めていける、そういう班になれたらいいなと思います。


班会の後、その子としばらくしゃべってて出てきた話。

「民青のいいところって何やろう」

自分は、いろんな人が集まって、いろんな意見を聞けたり、そこからも学べるところかなって思います。
単に集まってしゃべるだけでも充分に楽しいけど、それだけじゃなくて、情勢についてどう思っているのか話しあったり、自分の考えを話せるいい機会かな、と。

みんしんにも書いてあったけど、話す機会を作るのって大切やと思います。
人にわかってもらうためには、自分の中で一回理解して、かみ砕いて話すから、あやふやなままでは話されへん。
だから、話すことでいろんな力がつく。知識も増える。
そしたらまた話したくなって、班会や宣伝に出るようになって、対話をする中で民青がいいとこやなって改めてわかって、また学習するようになって・・・

って、以上が私的民青のいいサイクルです(笑)

そんな単純にいくかいって思う人もおるかもしれませんが、あくまで私の場合ですので。
でもきっと、共通するところもあると思います。

みなさんにとって、民青のいいところって何ですか?


もよもよ
posted by ツッキ− at 23:59| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

あたらしい憲法のはなし

全国のCS通信をご覧の皆様こんにちは。プロレタリアアーティストです。とまぁ面白くないシャレは置いといて、、、

前回の続きを書かせてもらいます。

今回は「あたらしい憲法のはなし」の日本の侵略戦争の叙述についてです。

「あたらしい憲法のはなし」では、6章「戦争の放棄」の部分です。ここは、よく朗読などもされ、護憲団体等の学習会などでも使われる有名なところですがここにも重大な欠落があります。

その最初の部分を書き出しておきます。

「みなさんの中には、こんどの戦争に、おとうさんやにいさんを
送りだされた人も多いでしょう。ごぶじにおかえりになったでしょ
うか。それともとうとうおかえりにならなかったでしょうか。また、
くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。いま
やっと戦争はおわりました。二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。こんな戦争をして、日本の国はどんな利益があったでしょうか。何もありません。ただ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。
戦争は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすことです。だから、こんどの戦争をしかけた国には、大きな責任があるといわなければなりません。このまえの世界戦争のあとでも、もう戦争は二度とやるまいと、多くの国々ではいろいろ考えましたが、またこんな大戦争をおこしてしまったのは、まことに残念なことではありませんか」


たしかに、言っていることに間違いありません。
だが、ここには、明確に侵略戦争への謝罪の気持ちがなく
「戦争一般の否定」というところにとどまっています。
日本の数倍、いや数十倍の被害にあったアジア諸国民への言及もありません。

「こんどの戦争をしかけた国には、大きな責任があると…」
と言っていますが、なぜはっきりと、「日本に」と書いていないのか。
このあたりに、この本の弱さを感じます。

本文では、このあとに、戦力放棄の説明があり
「みなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しい
ことを、ほかの国よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐら
い強いものはありません」 とあります。

この説明、完璧でないと思うのです。なぜなら
「正しいことを、ほかの国よりさきに行った」と書かれていますが
その前に、侵略戦争という重大な誤りを犯しているのです。

この叙述だけ読むなら、日本は正義の味方、英雄ですが、事実はまったく逆で、「戦争放棄の憲法をつくる」という選択をしないと、まわりの国が許さないし、国際復帰もできなかった、それだけの誤りをおかした、その結果としての「戦争放棄」なのです。

現在、日本軍従軍「慰安婦」問題をはじめ、歴史認識の問題(南京大虐殺)で、今だに多くの政治家たちが妄言をはいていて大きな顔をしているのです。
そして、それを許しているのが日本国民、我々だという事を知っておいて欲しいです。日本の犯した犯罪について我々はきちんと学び歴史的事実をつきつけるべきじゃないでしょうか・・・

次回、沖縄などの問題を書きます。

                  (プロレタリアアーティスト)

posted by ツッキ− at 14:38| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

ついに!!

始まりました、後期高齢者医療制度


75歳以上の人と障害者の人が加入する医療制度です。

今まで老人医療制度との大きな違いは年金からの天引きです。

扶養家族で加入していた人は今までは保険料を直接支払いませんでしたが、この制度ではすべての75歳以上の人、一部の障害者から保険料を取り立てられます。

保険料自ら支払いに行くひとで滞納すると保険証を取り上げられます。

その代わり資格証明が発行されます。

そうなるとかかった医療費を病院で全額しはらわなければならないのです。

保険のきく医療(包括性)でひと月あたりの上限が決められます。ex)
@診療回数や薬が制限される
A診療科の掛け持ちが難しなる
B手術や入院も“貧しい医療”しか受けれない
Cターミナルの患者は追い出される


こんな高齢者をないがしろににする医療がスタートしてしまった。やっぱり社会保障は保険制度ではなく国の責任で行うべきだと思う。

まだまだ廃止に向けての取り組みをしているので私も取り組んでいけたらいいと思う

ふみふみ
posted by ツッキ− at 23:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

桜満開!お花見大成功!!!

H班ピッピです。はじめてこのブログに記事を投稿します。手(グー)
よろしくぅお願いします。るんるん

4月6日今日ずっと、雨が降らないか心配でしたが、僕たちの想いが通じたのか、日差しが眩しいくらい晴天に恵まれました。
ぴかぴか(新しい)手(チョキ)
参加者も高校生、学生、社会人といったメンバーで20人の参加で満開の桜の中、バーべキューをしたり、集まったみんなと交流をしたり、高校生たちはお花見をしながら班会をしたりと、地区とそれぞれの班が参加をして楽しいひと時を過ごせたのがすごく良かったでするんるん
高校生たちからも「またみんなでこうして集まってお花見とかいろいろやりたい。」と言ってもらえてよかったです。

またみんなの笑顔をつくれる催しができるようにぴかぴか(新しい)手(グー)H班のみんなと一緒に活動がんばっていきます!!!パンチ
                    ピッピでした!
posted by ツッキ− at 00:38| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(2) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

A258班

こんばんは!今週より金曜担当になった258班のものです。
今回は、班員みんなで投稿内容を考え投稿しました。なお、来週からは交代で書いていきますのでよろしくお願いします。

さて、今日は何を書くか話し合って先日行った「憲法学習会」について書く事になりました。
以前、班会議で憲法について学びたいという声が多数あがり皆で学習をしてみました。しかし、あまりの勉強不足と準備不足で「明治憲法を読んでみる」という所でコケてしまい理解が深まりませんでした・・・。


そして、今回講師の方に依頼をし来てもらう事になりました。
この学習会は何回かに分けシリーズ化をしていくことになりました。
その栄えある第一回目は「憲法とは何か?憲法誕生と歴史的背景」というテーマで話をしてもらいました。
@我々にとって憲法とは何か
A日本国憲法はどのようにして生まれたか
B日本共産党弾圧の為の治安維持法
C敗戦後の日本国内各政党の憲法に対する態度
などについて学びました。講師の方も面白い講義をしてくれたので参加者は楽しみながら学習できました。参加者の感想の一部を載せます。
時間の都合で感想は短いですが悪しからず・・・
以下感想文
「眠たかったケド楽しく話をしてくれ寝ずに聞けた。初めて聞いた話もあり大変勉強になった。」
「自分達でやったときは帝国憲法の本文さえ読めなかった・・・講師の方が来てくれ分かりやすく説明をしてくれよく分かった次回が楽しみ」
など意見が出ました。(A258班班員一同)
posted by ツッキ− at 00:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 班の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。