2007年08月15日

62年前の今日

みなさんこんにちは。
あいかわらず夏らしい暑い日が続いていますね。晴れ
今日は、知っての通り終戦記念日です。
62年前の正午より天皇の肉声による玉音放送にて太平洋戦争の終結が告げられ領土拡張と他国支配に明け暮れた日本の戦争も終わりを告げました。
そして時は流れ62年後の今、安倍首相は戦後レジームからの脱却などと馬鹿げた事を言われていますが、平和憲法を持つ国の首相たる者が終戦の意味を理解しないで生き続けているとすれば日本国民として可哀そうとしか言いようがないですね。

どこの国が勝ち、どこの国が負け利益を得たか失ったか。 
そんな事は、国の身勝手さから引き起こされた戦争によってたった一度の人生を狂わされた国民にとってはどうでもいい事だと思います。

人類の命、権利、文化・歴史が戦争のために巻き添えになり、どれほど無意味に奪われ貶められたか、その記録を集め考え、検証し、二度と戦前・戦中がやってこないように未来永劫努めるのが私たちの役目です。

武器を持たずに平和を維持するのは知恵も勇気もいる行為ですが、そんな人類の夢を真っ先に実行に移した日本国憲法とこの国に誇りを持ち、この平和の考えが世界に広がっていくよう私たち個々も行動していきましょう。 二度と終わらない終戦をめざして。

(都んぶロード)
posted by ツッキ− at 23:59| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 地区委員会の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>どこの国が勝ち、どこの国が負け利益を得たか失ったか。 
そんな事は、国の身勝手さから引き起こされた戦争によってたった一度の人生を狂わされた国民にとってはどうでもいい事だと思います。

その通りやね、共産党宣言だったと思うけど、「プロレタリアは祖国を持たない」っていう言葉があって、これはまさしく昆布さんの書かれた通りの意味やと思うのです。

Posted by 堺泉北カープ会 at 2007年08月16日 00:44
>>どこの国が勝ち、どこの国が負け利益を得たか失ったか。 
>>そんな事は、国の身勝手さから引き起こされた戦争によってたった一度の人生を狂わされた国民にとってはどうでもいい事だと思います。

当時の国民生活は国家と今以上に不可分でした。国が滅べば身も滅ぶんですよ。経済的に征服されれば、負けたほうは勝ったほうの経済的奴隷になってしまいます。東南アジアの人たちはその奴隷的支配から脱するのに長い時間と多くの命を犠牲にしました。米ソの謀略による内紛も多くの命を落とす原因でした。
日本は幸せです。精神的にアメリカの奴隷化しているところはあるけれど、概ね自由に生活することが出来ました。戦時中でさえ、選挙もやっていれば総理の交代もありました。自分の任期のうちにどんな手段をとってでも戦果を上げようとするアメリカや政権を国民が選択できない旧東側国家や現在も共産主義をとっている国に比べてなんと素晴らしいことでしょう。それを守っているのは数十年前の国民と国民の選んだ政府の決断だったのではないでしょうか?
Posted by 賢太郎 at 2007年08月16日 08:58
>賢太郎さん
数十年前の帝国主義国家の時代に民主主義的なシステムが構築されていたかどうか、その時代の主権者が誰だったか。
そこを無視して、数十年前の人たちの誤りで済ますんであればなにも変わりませんね。
戦争が国民の意志で起きているのかどうか、その性質がどういったものであるかを検証すれば自ずと分かるとは思うんですがね。

今の社会の現状を見ながら、それだけ国家(権力者の利益を守る為の代弁者)に従属的に生きられるのならさぞ、楽しい人生なんでしょうね。(^〜^)
Posted by 都んぶロード at 2007年08月17日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

終戦記念日に日本共産党の街頭演説を聴きました
Excerpt:  ここ数年、8月15日に日本共産党街頭演説を聴くのは私のライフワークの1つです
Weblog: 嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!
Tracked: 2007-08-18 22:33

桴瑰㨯⽷睷⹶慬牡猭灬慧攮湥琯瑲楮楴礭砳
Excerpt: –筟徔也䀀䀀䀀䀀徖欀渀彟式
Weblog: 桴瑰㨯⽷睷⹶慬牡猭灬慧攮湥琯瑲楮楴礭砳
Tracked: 2016-12-03 07:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。