2007年07月04日

根元には似たような歴史あり…。

7月4日は、アメリカ独立記念日ですね。

1776年、本国イギリスからの独立を願うアメリカ13の州の代表者が集まり大陸会議を開き、議長が独立宣言書に署名した日だそうです。

当時、フランスとの間で北米大陸の支配権を争い、(フレンチ・インディアン戦争1754〜1763)財政難にあったイギリスは植民地に対し数々の増税策を強いますが、1773年の“茶法”成立後、自国で経営する東インド会社で余った紅茶に高い関税を掛け、アメリカに無理やり押付けようとしましたが、それに怒ったアメリカ入殖民が紅茶を海に投棄してしまいます。(ボストン茶会事件)
この事件後、イギリス本国との和解を計る為、大陸会議が開かれますが、打開できず、1775年4月、13の植民地とイギリスの間で小規模な戦闘が起こり、やがてアメリカ独立戦争へと発展していきます。
13年に及ぶ戦争の果てに1783年9月3日パリ講和条約が締結されイギリスが正式にアメリカの独立を認める形で幕を下ろします。(国旗の赤と白のストライプの数は最初に独立した13の州を表わしているんだとか。)

今や世界の憲兵のように我が物顔で幅を効かす資本主義大国も元は植民地から派生した流れがあるんだなと思うと社会の発展や進歩の速さに驚きを感じます。
それにしても、独立から200年以上経った現在、当時の入植民達に押し付けられた圧制を取入れ今の経済的植民地に同じような事を強いているのは又、因果なものですね。

日本もアメリカの傘から独立できる日が一日も早く来るよう頑張らないといけないなと思います。(次は目先の利益に溺れない真に民主的な社会を作っていきたいですね。)

(都んぶロード)

参考:ウイキペディア アメリカ独立戦争


おまけ


posted by ツッキ− at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。