2007年05月31日

何から勉強したら分からない人へ

民青や社会をよくする運動に主体的に関わり出すと
「勉強しなければ!何も知らなければ話にならない」
と思う瞬間が必ずやってきます。
ここまでは割と多くの人間が辿り着く地点です。
そして振り落としが始まります。

@時間が無い
Aとりあえず始めたが知らない事だらけで挫折した
B色々ありすぎて何から始めたらいいか分からない。
まあこんな所でしょうか。

・・・。
ふう。
こういう事を言う奴が僕は大嫌いです。

先ほどの@・A・Bは典型的なダメ野郎の言い草なんですが、僕なりの返答はこうです。

@絶対に余裕はある。その甘さと簡単に逃げ込む性根が嫌。無いなら寝る時間を一日15分でいいから削れ。

A調べるという行為を当たり前の事と思っておけや!
与えてもらう、助けてもらう、詰まったら投げ出す。客観的に格好悪いですよ。働き出してからもそんな事じゃあ「使えない奴」でゲームセット。

Bお前、民青新聞は読んでるやろうなぁ?その記事内容で分からない事から始めろや!

以上、ちょっとキツイ事を書いたけれど、本当に世の中をよくしたいと思っているのならば、心に留めておいて欲しいのです。
賢くて損する事は無いのだから。


投稿者:堺泉北カープ会








posted by ツッキ− at 22:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学的社会主義の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。