2006年08月30日

充実のサポート

昨日、ひょんな事から(立てよ国民さんから借りた「剥き出し日本」のビデオ返しに事務所いっただけやのにたらーっ(汗))今週末に企画している“平和を考える学習会”の会議に参加することになりました。
久し振りに早く帰ってきたのに…。もうやだ〜(悲しい顔)という事も無く(本当かな?)晴れやかな気分で会議場所に向かいました。
着いた場所は某所にある某民主団体の事務所。
来たのは初めてです。
事務局長さんは飛び入り参加の僕に特に気にするでもなく気さくに接してくれました。
そんなこんなで会議が始まりました。 当初、週末に差し迫りながら安易な参加者・出たとこ勝負的な企画だったのが、事務長さん達の手腕でドンドン肉付けされていきました。
新聞へのビラの折込・司会の事・報告者との内容の照し合せ・上映するビデオの内容・別団体の方への講演依頼・会場の下見・備品の手配等々瞬く間に決まっていきました。(ある種、僕達以上に企画を把握してるなたらーっ(汗))
さすがは長年、民主団体を支援してきた方達だとすごく関心しました。
今まで企画に直接関わる機会の少なかった僕ですが、民青という組織も各民主団体の方達の大きな支えでなりたっているんだなとしみじみ思いました。
これからの世界を支えていく担い手として、諸先輩方の知恵やノウハウを吸収して頑張っていかないとと強く思いました。
(都んぶロード)

宣伝です!

   ぴかぴか(新しい)“第1弾! 平和を考える学習会”
   日時:2006年9月3日(日) 午後2時〜
   場所:堺市役所 地下1階 職員会館
   参加費無料。 原水爆禁止世界大会の報告やビデオの上映等行います。

   
戦争終結より61年、悲惨な戦争の反省に立ちできた憲法9条。 しかし、こんな立派な憲法があるにも関わらず政府は今なお自国の利益の為、戦争を続けるアメリカに協力し、共に戦争の出来る国に変えようとしています。
あの戦争はなんだったのか?なぜ罪も無い人々が死ななければならなかったのか?再び政府の手によって同じ過ちが繰り返されようとしています。
こんな時代だからこそ身近な場所から平和を考えるきっかっけになればと思っています。
平和を望むものに隔たりがあってはなりません。
どなたでもお気軽にご参加ください。お待ちしています。m(_ _)m 
posted by ツッキ− at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地区委員会の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。