2009年06月17日

一人ひとりが判断するのだ

 いまNHKスペシャルで報道された内容が偏向報道だかなんとかいわれてますね。気になったので、NHKホームページを見てみると・・・

シリーズ JAPANデビュー
第1回 アジアの“一等国”
1895(明治28)年、日清戦争に勝利した日本は、台湾を割譲され、初の植民地統治を始める。英のインド統治やフランスのアルジェリア統治にならい、植民地をもつことで“一等国”をめざした日本。1910年、ロンドンで開かれた日英博覧会では、台湾のパイワン族を“展示”し、統治の成功を世界に誇示する。日本は「格差と同化」という矛盾した台湾統治を続け、1930年代後半からは「皇民化運動」で日本文化を強制する。
 半世紀におよぶ統治はどのように変遷していったのか。2万6千冊におよぶ『台湾総督府文書』、近年発見されたフィルム、欧米に埋もれていた文書などを手がかりに近代日本とアジアの関わりの原点を探っていく。

 うーんおもしろそうですね☆むしろ見てみたい。
 NHKは、この番組を作るにあたり、膨大な資料に基づき、事実を積み上げていったそうです。偏向報道かどうかについては、一人ひとりが判断すべき問題であり、批判することはよいにせよ、表現そのものに圧力をかけようとする動きは許せないですね。

 ちなみに、偏向報道だって騒いでいる中心人物は、首相を1年で投げ出したあの人だそうですよ。

投稿サボっててすいませんのうご


posted by ツッキ− at 23:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会ニュースについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

20世紀から21世紀へ
Excerpt: やはり、テレビでは北朝鮮のことを取り上げ、フジテレビなんかは、「日本の防衛費を増やす必要があるか」なんてアンケートをとって、世論を誘導しようとしてますね。 日本の軍事費はアメリカよりは少ないものの、..
Weblog: Que sera sera つれづれ日記
Tracked: 2009-06-18 19:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。