2006年01月22日

感性のままに書く科学的社会主義「閑話休題」

そのBにコメントが付きましたのでそれに応えたいと思います。
「アツい連載おつかれさまです☆でも、がんばってる組合があることも宣伝してくださ〜い。まだ少数ですが、全労連という労働組合です」(うご)

これを読んで下さる皆さんにぜひ伝えたいのは、今のこの瞬間の日本の労働者(プロレタリア)は決して無力ではないという事です。少なくない人間がすでに団結しています、ブルジョアと闘っています。労働者、勤労市民、農漁民、中小企業家、女性、青年など様々な階層に各々の要求の元に集まり、「団結」しているのです。
こう書くと何だか暗くジメジメした話に聞こえますが、仲間を大切にして楽しく皆が活動しています。
しかしその活動は殆どは世間全体には知られていないと思います。
1b09acb4214d7f880bd6529b6b9a1c8a.jpg
つい先日11月19日にも東京で「国民大集会」という悪政に反対する人々が集まる大集会がありました。日本中から35000人の参加者がありました。
しかし殆ど新聞、テレビでは報道されませんでした。そう、マスコミも大企業(ブルジョア)であり当然資本家の味方なのです。今の小泉内閣に反対する集会でこれだけの規模の物は他にありません。この事が報道されないのはマスコミの姿勢として非常に残念な話です。

僕達民青同盟とも連携し多彩な活動をされている組合や団体を紹介したいと思います。
「全国労働組合総連合(全労連)」労働者の利益を守る労働組合のまとめ団体
「全国商工団体連合会(全商連)」中小零細企業の暮らしと営業を守る民主商工会のまとめ団体
「新日本婦人の会(新婦人)」平和と本当の男女平等をめざす女性団体
「全日本民医連(民医連)」安心して医療を誰もが受けられる社会を目指す
「日本共産党(共産党)」ルール無き資本主義を改める政策、全国の草の根の活動
「日本民主青年同盟(民青同盟)」青年の要求実現に頑張る僕達の団体です。

他にも紹介しきれない程の沢山の会や団体があります。一人は小さくても皆が集まれば大きな力になるのです。今の社会に矛盾を感じている方、ぜひあなたも運動に参加してみてはどうでしょうか?

投稿者:堺泉北カープ会










posted by ツッキ− at 13:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学的社会主義の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。