2009年01月29日

奨学金取立て強化へ

1月29日付(しんぶん赤旗・抜粋)で、
日本学生機構(旧日本育英会)は、
奨学金の取り立て強化の一環として、
滞納者の情報を全国の金融機関でつくる個人信用情報機関に登録して
不良債務者扱いする「ブラックリスト化」の準備を始めています。

同機構の奨学金を利用する学生は全国で122万人。(2008年度)

現在では、失業者や内定取り消しなどある中で、
取立て強化は、間違っていると思います。

ムダを削れば、学費を下げる事が出来るし、奨学金の取り立てなどしなくてもいいのではないでしょうか。





                  イッシー


posted by ツッキ− at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会ニュースについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。