2008年11月14日

タイトルなし

店舗・ビル等の清掃作業労働をする人の生み出す価値
店舗・ビルが汚ければ店舗の場合はお客さんが減る、ビルはテナントが減る等が起こります。同時にビルや店舗の汚れにより建物(物)の価値が下がります。清掃作業員が清掃をする事により綺麗さは維持されますが価値は剰余されます。何故なら、物は時がたつにつれ価値は下がります。それを維持する事は価値がつくのと同じではないでしょうか?綺麗であればテナントもお客さんも来るでしょう。それによって資本家は金を得れるのですから。今は給与が低い清掃作業員の給与をもっとあげるべきではないでしょうか。タイトルではカッコいい事いいましたが意味不明な終り方ですみません。
(ぐだくだプロレタリアアーティスト)


posted by ツッキ− at 17:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地区委員会の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。