2011年03月21日

東北関東大震災救援募金

9pqです。

東北関東大震災により犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。
今もなお行方不明の方々が無事生還されるよう救助活動が進むことを願っています。

また、被災された皆さん、避難所で生活している皆さんへの救援活動、被災地の復興が少しでも早くできるよう、私たちにできることをしていきたいと考えています。

民青同盟堺泉北地区委員会も、かえるネット堺泉北の取り組みとして、先日、泉が丘駅にて救援募金活動を行いました。

地震から1週間以上経過していることもあり、すでに募金された方がたくさんいらっしゃいましたが、一言メッセージをくれたり、お金がぎっしりつまった貯金箱を預けてくれる人もいました。

1時間ほどで13,322円が集まりました。
同盟員の募金もあわせると3万円弱になりました。

同日に行った民青の企画「3.20つどい」では、日本共産党田中ひろみ市議のお話を聞くことができましたが、その中で、堺の防災はどうなっているか?の話が聞けましたひらめき
もし大阪に今回のような津波が来たら、堺区は水につかるが、高いところに逃げようにも高い建物が少ない地域(景観の点で規制があるetc.)ゆえ、いったいどこに逃げるのか?など問題山積であることがわかりました。堺市作成の防災マップはあるものの、実際に津波があった時の具体的な避難方法は、「阪和線より(←記憶が不確か…)東へ逃げろ」くらいしかない状態だそうです。また、避難場所となる学校自体が耐震調査が半分くらいしか実施されていない状態です。
堺市議会でも共産党が何度も追及しているそうで、また追及していくとのことです。

原発の問題も、地震以来、考えさせられています。
原発そのものの存在が、CMなどで安全とうたわれ、あって当然のものとなってきましたが、
このような事態になり、原発のある地域だけでなく日本全体が危険にさらされるような仕組みでつくっている電気とはどうなのか?いくら電気が得られたところで、人が死んだり土地が汚染されては本末転倒じゃないか?

詳しい知識もなく、これまで真剣に考えたこともないですが、このままでは絶対にだめで、原発なしではムリなのか?自然エネルギーの開発はどんな状況か?家庭ではたかが知れてる、企業が電気量を抜本的に減らすべきでは?
などの疑問について考えているところです。

原発なしで無理なことはないだろう、しかし、原発撤廃は、電力会社の利益追求とそれを応援する政治がある限りかなり難しい問題だろうという意見があります。

また、たとえば、コンビニなどの24時間営業をやめると全国でやれば相当節電できると思うのですが、これは、現状の労働環境をみれば、かなり難しい問題だろうとの意見があります。
夜遅くまで働く人が多く、休みも不定期、盆も正月もないような労働条件で働く人がたくさんいる中で、企業の利益やいろんなものと絡み合って、電気も使われています。

節電を本気でやればできることはたくさんあるけど、それをやるかどうかは私たち個人の力よりも、はるかに大きな力が企業や政治にはあり、節電単体ではなく絡み合ういろんな課題の解決、企業・政府の姿勢など、そこを変えていくことこそ中心の問題になってくると思います。そのために私たちができることならたくさんあると思います。

ものごとは全部つながっていることを思い知らされる今日この頃です。

あと、マスコミでは検出されてる放射線の危険性について、レントゲンと同じくらいだから、とか、ずっとそこに立ってたら危険なだけで立っている人なんていないんだから、とか、危険性を軽く見せよう軽く見せようとしている報道があり、すごく軽々しく無責任です!
不安をあおることはいけないけど、真実を隠したり被害を軽く見せることは、被害をより深刻にすることにつながる大変危険な行為です!きちんと科学的に危険性と対処法を明らかにし、重大な問題として取り扱ってこそ、放射線から自分たちを守ることができるんじゃないのか?!!

だいぶ腹が立ってきたので、この辺でいったん終わりにしたいと思います。
それではまた。いい気分(温泉)
posted by ツッキ− at 14:29| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 地区委員会の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。